吉祥寺の家

小さな広い家

 吉祥寺駅から徒歩20分ほどの住宅街。周囲には公園や庭の木々が点在する落ち着いた町並みがつづいている。敷地25坪、建ぺい率40%、容積率80%と厳しい法規制の中、家族四人と将来同居予定の母の居室を確保しながらも、二階の居間、食堂に広がりを感じさせた小さな家である。
 道路を挟んだ東南には小さな公園があり、林立するシラカシの緑が目にはいるものの、目の前はバス通りで道行く人も多い。そのため、二階に主となる居住室を設け、対面するシラカシに向き合うように窓を開いた。各個室はコンパクトにまとめ、建坪11、総坪数20坪の中に、五つの個室+居間食堂+LOFTを組みこんでいる。二階居間の広がり、夫婦二段ベッドのある寝室、居間に続く二階外デッキ、奥行きのあるアプローチ、外部から適度な距離をとる壁面緑化木製フレームなど、小さい家の中に様々な工夫が詰め込まれている。

アプローチ

道路から玄関までの距離はわずか1.5mだが、側面からアプローチすることで、距離をとり、奥行き感をだしている。道路際は板塀で目隠ししながらも足下を浮かして植栽を設けた。板塀と庇、土間によって切り取られた空と緑がアプローチをゆとりのある空間とし、道行く人にもやさしい表情を見せている。

木製フレーム

 バス通りに面した外壁には、通りからの緩衝帯として、構造体と縁を切った木製のフレームを設けている。スノコ状に板を張って浴室の目隠しにしたり、日除けのためのスダレをかけたり、ネットを張り蔓性の植物で壁面緑化することもできる。また、フレームで囲われた窓台は室内の空間を外へと広げることにも役立つ。完成時はフレームのみとし、住み手が必要と思った時に自ら様々な工夫をすることができるが、どのような使い方をするかは、住み手にゆだねている。時と季節により変わっていくフレームの様子は住人だけではなく、道行く人を楽しませ、町並みにも貢献してくれるのではないだろうか。

kplan.jpg

敷地面積    84.08㎡ (25.4坪)
1階床面積   31.46㎡ ( 9.5坪)
2階床面積   35.60㎡ (10.7坪)
延べ床面積   67.06㎡ (20.2坪)
ロフト面積   15.06㎡ ( 4.5坪)
ソーラー換気暖房”そよ風” エコキュート オール電化住宅 壁面緑化
夫婦+子供二人