春日部の家

お気に入りに囲まれて暮らす家

 求められた要望は和と北欧モダンが融合した木の温もりを感じられる家、手をかけることで愛着が沸き古くなっても素敵な家、というもの。施主さんは家具や家電製品雑貨小物まで選び抜かれた最小限のモノだけで暮らしていた。設計する上で心がけたのは、無理にデザインすることなく普通の家でありながら、何気ない日常の中で心地良さを感じていただける家をつくること。柱、梁などの構造材は全て国産無垢のスギを使い、室内仕上げは素朴でも古くなって味わいのでる珪藻土の壁と無垢の床としている。わずかにベージュがかった白で統一されたシンプルな空間の中で、陰影のある畳部屋と居間の木製ルーバーが控えめながらも和のテイストを感じさせる。この家は主張しすぎることなくお気に入りの家具や雑貨などの背景として静かに暮らしに寄り添っていくだろう。

kasukabe.jpg

敷地面積    115.8㎡ ( 35.0坪)
1階床面積    54.4㎡ ( 16.4坪)
2階床面積    38.7㎡ (11.7坪)
延べ床面積   93.1㎡ (28.1坪)
夫婦
施工 山崎工務店